Windows7

Windows7

2009年10月22日に一般向け発売開始。
7の由来は、7番目のクライアント向けのリリースであることから命名されている。

  1. Windows 1.0
  2. Windows 2.0
  3. Windows 3.x
  4. Windows 4.x (95, 98, 98 SE, Me)
  5. Windows 5.x (Windows 2000, Windows XP)
  6. Windows 6.0 (Windows Vista)
  7. Windows 6.1 (Windows 7)

サポート期限は2015年1月13日まで、企業向けのProfessionalとEnterpriseについては延長サポートが2020年1月14日までとなる。

Windows7を利用するためのシステム要件

CPU          クロック数1GHz以上
メモリ        32bit版で1GB以上、64bit版で2GB以上
ハードディスク    32bit版で16GB以上、64bit版で20GB以上の空き容量
Windows Aero   Windows Aeroに対応したグラフィックス環境(WDDM 1.0以降に準拠したDirectX 9対応グラフィックスチップ)


Windows 7の価格

  通常版 アップグレード版 DSP版
Home Premium 24,800円 15,800円 14,000円前後
Professional 37,800円 25,800円 18,000円前後
Ultimate 38,800円 26,800円 24,000円前後


Windows 7 SP1について

MS、「Windows 7 SP1」について言及--メジャーなアップデートはなし
Microsoftは米国時間3月18日、「Windows 7」の初めてのサービスパックに関する沈黙を破り、同サービスパックで提供されるのは既にリリース済みのものを多く含むマイナーなアップデートだけになる予定だと述べた。

windows7のSP1がリリースされても、機能追加などは行われない模様。

Windows 7 RC版について

2010年2月15日以降、Windows 7 RC版は警告画面が数時間ごとに表示されるようになる。
2010年3月1日以降、PCが事前警告なしで2時間ごとにシャットダウンを行うようになる。

  • 最終更新:2010-03-19 20:23:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード